■Intel最新AtomはARM並の性能でより低消費電力

1名無しさん@3周年2013-04-26 00:10:20

■全てがひっくり返るXデー。Intel CPUが燃費でARMを超える日

Atom Z2400シリーズ(Medfield)

プロセッサー・ナンバー 周波数(最高) CPUコア    L2キャッシュ GPU

Z2460(2GHz版)       2GHz    1コア/2スレッド 512KB    PowerVR SGX 540

Z2460(1.6GHz版)      1.6GHz

最新Intel AtomはARM並の性能でより低消費電力

最大の特徴は、スタンバイ時の消費電力がmWレベルまで削減されていることだ。

スタンバイ時の低消費電力はARMの強みとされてきたが、Medfield世代でIntelは

同じレベルの低消費電力を実現している。もはやARMだから省電力というのは過去の時代の話。

Medfieldの性能はデュアルコアSnapdragon相当でより低消費電力

Atom Z2460(2GHz版)を搭載したMotorola Razr i(XT890)を使ってMedfieldの性能を紹介したい。

性能をチェックするベンチマークテストには、「Quadrant Professional 2.0」を、

バッテリベンチマークには「MX動画プレイヤー」を利用して

1080pのMP4ファイルをバッテリが無くなるまで再生し続けた。

Atom Z2460(2GHz)を搭載するRazr iの性能は、Qualcommのデュアルコアの

Snapdragon S4(MSM8960 1.5GHz)を搭載するGALAXY S III SC-06Dとほぼ同じスコアになった。

バッテリベンチマークだが、Atom Z2460を搭載したRazr iは非常に優秀な結果を残している。

内蔵バッテリでMP4ファイルを8時間再生でき、6.8時間しか再生できなかった

MSM8960を搭載したGALAXY S III SC-06Dに大きな差をつけた。もちろんそれぞれ

バッテリ容量が違うので、紹介しておくとRazr iは2,000mAh、SC-06Dは2,100mAhとなる。

5名無しさん@3周年2013-05-15 10:08:22

……ARM並じゃアカンやん

6名無しさん@3周年2013-05-15 15:50:38

>>5

次は一気に性能3倍

8名無しさん@3周年2013-06-06 14:12:30

でもお高いんでしょう?

ARMの利点は主電力もあるけど、本体周辺チップと相まって

低コストで調達できる所にある。 5000円程度のプロダクツ

にも最新のチップが使われているのがその証拠。

省電力で高性能、そして値段も高いってのとARMの市場は別だから。

54名無しさん@3周年2013-11-28 20:20:59

>>8

プロダクツwww

18名無しさん@3周年

Intel Atom 2GHz搭載・5インチスクリーン「ZTE GEEK」がまもなく発売か

ZTEが4月に北京で行われたインテルテクノロジーサミットにて発表した開発中の端末「GEEK」に付いて、ZTEに近い関係者によると、近日発売されるだろうとしている。 現在判明しているスペックによると、スクリーンサイズは5インチ、画面の解像度は1280x720(720p)、OSはAndroid4.2、Intel Atom ...

20名無しさん@3周年

>>18

4万円でギャラクシーS2と同じぐらいのスペックかw

21名無しさん@3周年

>>20

え?S4のことだよね。

S2だと2年前くらいのになっちゃう

27名無しさん@3周年

age

33名無しさん@3周年2013-09-12 22:24:41

Intel「BayTrail」はTegra 4よりも快適に動作─THE VERGE

スマートフォン・タブレットに関する最新情報を集めたブログです

35名無しさん@3周年2013-09-13 19:29:26

Intel Architectureならではの技

Samsung ATIV Q hybrid tablet/notebook with Windows 8 and Android

4 second Dual OS Swap by Insyde – Android and Windows 8

74名無しさん@3周年2015-12-07 11:58:10

その回路設計技術でARMつくればええんちゃうの

75名無しさん@3周年2015-12-10 20:58:36

iPad ProのA9X デュアルコア2.25GHz 各種ベンチマーク結果!Core Mを超える性能に!

12.9インチのiPad Proのベンチマーク結果が各メディアからアップされてきていますが、A9Xプロセッサはデュアルコアの2.5GHzで動作していることがArs Technicaが明らかにしています。さらに、Geekbenchのスコア結果も公開をしており、A9Xプロセッサの性能の高さが突出していることが確認できます。

78名無しさん@3周年2016-01-01 11:42:34

>>75

arm程度の性能でいいなら、Intelはすぐにでも出せるしプロセスも進んでるから

チップの良品率もいいだろ。

自分ところの独自命令駆使しと、定評のあったインテルのコンパイラで5年経たずして

armはインテルに市場明け渡さざるをえないよ。ま、それは今じゃないんだろけど

83名無しさん@3周年2016-10-26 22:25:02

16bit命令とか互換性のための命令とか失くしてしまえば肥大化したARMに消費電力で勝てるんじゃね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする